芋焼酎「大嶽」

0002
0002 0002 0002

芋焼酎「大嶽」

(0002)

平郡島で栽培された希少価値の高いさつま芋を使った芋焼酎「大嶽」が完成しました。これは、周南市の酒造メーカーである㈱山縣本店に平郡東島おこし推進協議会が製造を依頼したものが出来上がりました。

この焼酎の特徴は、現在、日本全国で平郡島以外では栽培されていないといわれているさつま芋「ぎふ1号」を使用していることです。このさつま芋は、もともと収穫が見込みにくい品種であり、おまけに病気にかかりやすく、芋の表皮がとても傷つきやすいことから収穫量は、あまり多くありません。

そのため、このさつま芋は、ほとんど市場には出回らない、大変希少価値の高い「幻のさつま芋」といわれています。最近人気のさつま芋「紅はるか」と比べると、あっさりとした味で、甘さがやや控えめですが、平郡島では、昔から食べられてきました。

平郡東島おこし推進協議会では、このさつま芋を昨年4月に平郡島で植え付け、同年10月に収穫し、熟成させて糖度を引き出してから、同年12月にこのさつま芋を約1トン仕込みました。
そうして出来上がった芋焼酎は、芳醇な香りがする、大変味わい深いものとなっております。
本商品は、希少価値の高いさつま芋「ぎふ1号」を原料として使用していることに加え、アルコール度数を原酒に近い35度まで高めたことで、これまで販売されている芋焼酎「平郡」との違いを図り、特徴ある芋焼酎に仕上がっています。

商 品 名:芋焼酎 大嶽
製 造 量:
アルコール度数:35度
内 容 量:720ml

大嶽
在庫状態 : 在庫有り
¥2,400(税込)
只今お取扱い出来ません